緑の発信基地千代田町について

緑の発信基地 千代田町

千代田町では
豊かな大地と天候を基盤に
大正時代から桑苗や山苗の生産が行われており、
戦後、植木や花木の生産販売が盛んになりました。

現在も植木生産、植木卸をはじめ
造園設計・施工・管理、外構工事、資材販売など
約50戸の植木造園関連の事業者が集積しており、
関東全域はもとより全国に
確かな品質と丹精された技術
そして安らぎと潤いをお届けしています。